2014年1月7日火曜日

重松清の短編集『青い鳥』、冒頭収録の「ハンカチ」ヤバイわー、電車内で顔変わりました。中学校卒業を間近に控えた主人公千葉知子の、先生との交流。中盤○○のくだりで、引いてしまって読むのやめなくてホント良かった。短編残り7つが楽しみです。

同時に読んでる『それいけズッコケ三人組』も面白い、30年前に読んだ記憶がよみがえるのが面白い。