2011年6月30日木曜日

Primal Scream perform Come Together at Glastonbury 2011

Twitter / @ogasawaramakoto: "Aクラスの人間だけで会社をつくれば、みんなAクラス ...

Twitter / @ogasawaramakoto: "Aクラスの人間だけで会社をつくれば、みんなAクラス ...

"Aクラスの人間だけで会社をつくれば、みんなAクラスの人間を雇おうとするが、そこにBクラスがひとりまぎれ込むと、そいつが同じBクラスを集めはじめるから、またたくまに会社がBクラスとCクラスだらけになってしまう" スティーブ・ジョブズ

2011年6月28日火曜日

Primal Scream perform Come Together at Glastonbury 2011

プーチン対メドベージェフはガチンコ勝負?!:日経ビジネスオンライン

プーチン対メドベージェフはガチンコ勝負?!:日経ビジネスオンライン

 グーグルやエバーノートもロシア人が創業者だし、ロシアのサーチエンジンであるヤンデックスは、国の保護を一切受けることなく、ロシア国内でグーグルを圧倒している。

 米航空宇宙局(NASA)でもこう言われているという。「スペースシャトルは最新の電子システムで出来上がっているから信頼性高い。しかし、一度故障したら、複雑すぎて飛行士が修理できない。一方、ソユーズは作りが素朴で、単純でよく故障する。しかし、単純であるが故に宇宙飛行士が修理できる。宇宙飛行士の安心感はソユーズの方が高いかもしれない」。

 しかし、ロシア人はこれらの技術や才能を生かし切っていない。確かに人材の一部はシリコンバレーやイスラエルで活躍しているが、まだまだ国内で眠っている人材や技術が多い。ロシア企業は最終製品化に難がある。ロシア人いわく「われわれは黒板に理論を書くまでは天才的だ。しかし、それを最終製品にする実行力がない。造る製品はとんでもない」。

 商業化することに長けている日本企業は、ロシアの優れた技術を製品化するところに、ビジネスチャンスがあるのではなかろうか? 日本の起業家も、ロシアの技術や発想とうまくコラボしたらさらにグローバルに、さらにユニークなものになれるのではなかろうか。問題は、有用で独創的な技術がどこにどのような形であるのかを、どう探すかだ。眠れる技術のリストアップが急がれる。ロシア人の多くは本当に親日的。国内の政争が外交に使われ、日露外交関係は色々あるが、ミクロで見たら、非常にいい連携ができると思う。

Archers of Loaf Wrong on Jimmy Fallon 2011 06 24 02 YouTube

Twitter / @FujitaSusumuBot: 出世や成功の条件の一つに、「孤独」と「批判」に強いと ...

Twitter / @FujitaSusumuBot: 出世や成功の条件の一つに、「孤独」と「批判」に強いと ...

出世や成功の条件の一つに、「孤独」と「批判」に強いということが挙げられます。この2つは成功者になる上で、ぜったいに避けて通れません。

2011年6月23日木曜日

2011年6月17日金曜日

2011年6月16日木曜日

Pandora、シリコンバレーから初のウォール街「1文字クラブ」入り

Pandora、シリコンバレーから初のウォール街「1文字クラブ」入り: "

先に報じた通り、Pandoraが明日(米国時間6/15)ニューヨーク証券取引所で取引を開始する。銘柄シンボルは「P」1文字。シリコンバレーの消費者向けインターネット会社として、初の栄えある「1文字クラブ」入りだ。


かつてそのクラブは、巨大な優良企業だけのものだった。クライスラー(C)、フォード(F)、シアーズ(S)、USスチール(X)、ウールワース(Z)。この中で今も残っているのは、フォードとUSスチールだけだ。クライスラーはダイムラーに買収され、「C」をシティバンクに明け渡した。シアーズの「S」はSprint Nextelへ。ウールワースは廃業に追い込まれた。


もちろん、1文字クラブにはテクノロジー企業もいる。Agilent Technologies(A)、Sprint Nextel(S)、AT&T(T)。しかし、いずれも純粋な消費者向けインターネット企業ではなかった。


不動産ウェブサイトのZillowは、先月NASDAQのシンボルとして「Z」を申請した。しかし、取引はまだ始まっていない。レースに勝ったのはPandoraだ。


以前、NYSEは、MをMicrosoft(MSFT)、IをIntel(INTC)のために取ってあると言っていた。MはメイシーズだがIは空いている。しかしMicrosoftもIntelも変える様子はない。


Yahoo(YHOO)が「Y」を狙っているという噂もよく聞いた。今はAlleghany Corporateが使っている。なぜ? おそらく「Y」で終っているからだろう。


Facebook、Twitter、Grouponらの銘柄シンボルはどうなるだろう。Fはすでにフォードが使っているし、TはAT&T、GはGenpatだ。Grouponは上場書類を提出した際、「GRPN」を申請するつもりだと書いている。シンボルは通常、買収や倒産がない限り変更されないので、3社とも別の名前を探す必要がありそうだ。


かつて、銘柄シンボルはティッカーテープに印字され、取引伝票に手書きされていた。だから、短かい方が早かった。しかし、今日銘柄シンボルの重要性は減ってきている。それでも、やはり「1文字企業」は特別クラブの一員であると言うことができるのである。


かつて祖父は、株式市場で取引する何千何万という企業の中で、シンボルが1文字の会社がいくつあるかを尋ねて楽しんでいた。よく考えない人が50とか100とか答えると、喜んだ祖父は自慢げに26しかあり得ないことを教えていた。Pandraが明日加わっても、わずか20社だ。



[原文へ]


(翻訳:Nob Takahashi)



"

2011年6月15日水曜日

Twitter / @kazu_fujisawa: しかしほとんどの人は誰かに会うにしても、新しい仕事を ...

Twitter / @kazu_fujisawa: しかしほとんどの人は誰かに会うにしても、新しい仕事を ...

ほとんどの人は誰かに会うにしても、新しい仕事をするにしても、前の日に本を読んで勉強をすることさえしない。だから前の日に余分に一日だけ勉強する人たちがほとんどのチャンスを独占している

2011年6月6日月曜日